ショパン

トンマッコルへようこそ

1950年代、朝鮮戦争が続く中、戦争とはまるで無縁の平和な村が山奥にあった。その名はトンマッコル。そんな村へまるで導かれるように、アメリカ人パイロットのスミス、韓国軍の2人、それに敵対する人民軍の3人がやってきた。顔を合わすなり、銃を持ってにらみ合う両者だが、銃や手榴弾を見たことがない村人たちは呑気なもの。偶然から村人たちの食料貯蔵庫を爆破してしまった兵士たちは、ひとまず協力して村人たちの畑仕事を手伝うことに。やがて両者に心の交流が生まれてくるが…。

夫と娘がいなかった日に
久しぶりに映画をみた。
なんかどこかで「いい映画だよ~」と聞いて
みたかった「トンマッコルへようこそ」
「トンマッコル」というのは
太白山脈の奥地にある小さな村
「子供のように純粋な村」という意味

雰囲気はジブリ映画のような不思議な感じ
兵士たちは架空の村にワープしたのかと思っていたが
そうではなく
その村のすぐ隣では戦争が起きているという
現実の村だったんだね

敵対しあう兵士たちは
その村に迷い込み
最初は一触即発の状態だったのが、村人たちの不思議な雰囲気に
敵も味方もなくなる
手投げ弾が爆発して
食糧倉庫にあるトウモロコシがポップコーンになっちゃうのが
あるわけないけどなんだかおかしい

村を救うために
最後には韓国軍、人民軍と死んでしまうんだけど
そういうところは韓国映画(ドラマもだけど)けっこうシビア

戦争映画なのかどうなのか
戦争の残酷さや、心の傷、理不尽さなども描かれているが
その真逆に純粋な
純粋すぎる村人たちに兵士たちも救われたんだろうけど
見ているこちらも救われた

さてもう1本あるんだ
次の1本もみたかった映画だよーん
うっしっし
[PR]



by ohno64 | 2012-04-20 12:07 | 映画のこと

フレブル「ショパン」と「リロ」そしてその一家の日々
by ohno64
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

お気に入りブログ

ファン

ブログジャンル

画像一覧