ショパン

2009年 04月 30日 ( 1 )




戦場のピアニスト

1939年9月、ポーランド。ナチス・ドイツが侵攻したこの日、ウワディクことウワディスワフ・シュピルマンはワルシャワのラジオ局でショパンを演奏していた。街はドイツ軍に占拠され、ユダヤ人をゲットー(ユダヤ人居住区)へ強制移住させるなどの迫害が始まる。シュピルマン家も住み慣れた家を追われる。ゲットー内のカフェでピアノ弾きの職を得た彼は、様々な迫害に遭いながらも静かに時をやり過ごす。しかし、やがて一家を含む大量のユダヤ人が収容所へと向かう列車に乗せられる。その時、一人の男が列車に乗り込もうとしていたウワディクを引き留めた。


娘と鑑賞
あまりの悲惨さと不条理さで
途中「みたくなーーーい」という娘に
「なにか希望はあるはず」
と最後まで見続けた

戦争とはそういうもの
と片付けてしまうにはほんとうに悲惨すぎる


敵の中にも善良な人がいて
味方と思っていた人が裏切っていたり


主人公のピアニスト ウワディクは実在の人物
監督のポランスキーもこの理不尽な日々を体験した人物だ

道端に飢え死にした人が転がっていたり
ドイツ兵に質問をしただけで殺されてしまったり
リアルに描かれている

親兄弟がアウシュビッツに移送され
一人生き残ったウワディク

ウワディク役の
エイドリアン・ブロディはこの役作りのために10キロ減量したそうだ
それでなくても細いのに どうやって痩せたんだろう←違う意味で興味あり

実際のウワディクは
晩年自分を救ってくれたドイツ兵を助けられなかったことに
痛恨の念を抱き続けていたそうだ


また冒頭 劇中に流れるショパンの調べが
なんとも悲しい気持にさせる

娘は最後まで見て何を感じ取ったか


楽しい映画ももちろんいい
でもたまにはこんなシリアスな映画で何かを学ぶのも
いいかも
[PR]



by ohno64 | 2009-04-30 10:20 | 映画のこと

フレブル「ショパン」と「リロ」そしてその一家の日々
by ohno64
プロフィールを見る
画像一覧

お気に入りブログ

ファン

ブログジャンル

画像一覧