ショパン

ウォーリー

29世紀の荒れ果てた地球で、たったひとり黙々と働き続けるゴミ処理ロボット、ウォーリー。宇宙へ脱出した人間たちに置き去りにされて700年、大好きなミュージカル映画『ハロー・ドーリー!』のビデオで男女が手を握るロマンチックなシーンを見ては人恋しさを募らせていた。そんなある日、真っ白に輝くロボット、イヴが現れ、ウォーリーはたちまち恋に落ちる。ところが、巨大な宇宙船がイヴを連れ去ってしまい…。




これねー
私は
キュン! とも スン!ともありませんでした
え??心が純粋じゃない?


はっきり言って何がいいのかわからない・・・
え?? 心が汚れきってる??


てか
こんなロボットやだし
こんな感情的なロボットはやだな
人間たちがロボットたちに大事なことを気づかされるって
やっぱ やだわ


しかもあんなおんぼろロボットの「ウォーリー」が不死身ってのもね~
なんだか ありえね

え???
やっぱり私って 子供の心を忘れたひねくれた大人ってことぉーーー(笑)

車がしゃべったり
ロボットが人間ぽかったり
どうしてもこの手の物には感情移入しにくのです


でも
昆虫がしゃべったり
ペンギンがおどったり
人形が動いたり
そんなのはけっこういけます
[PR]



by ohno64 | 2009-02-12 13:14 | 映画のこと

フレブル「ショパン」と「リロ」そしてその一家の日々
by ohno64
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

お気に入りブログ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧