ショパン

ターミネーター

1984年のLA。閃光とともに、全裸の男が出現した。彼こそ2029年の未来からやってきた殺人機械ターミネーター(アーノルド・シュワルツェネッガー)であった。ちんぴらを襲って服を奪い、銃砲店で銃を調達したターミネーターは、電話帳でサラ・コナーの載ったぺージを引き裂き、サラ・コナーという名の女性を2人射殺。ウェイトレスのサラ・コナー(リンダ・ハミルトン)は恐くなり、テクノワールなるディスコから警察に電話を入れる。一方、家ではルーム・メイトのジンジャー(ベス・マータ)が男友達のマット(リック・ロッソヴィッチ)とセックスをしていた。そこへ、ターミネーターが侵入して2人を射殺。サラからの電話を聞いてターミネーターはテクノワールに行く。サラはあやうく殺されそうになるが、リース(マイケル・ビーン)に救助された。


観たことなかったんだこの映画
これで「ターミネーター2」と話がつながり
3 4 と話が続く


シュワちゃんの出世作となった「ターミネーター」
若い!
鍛え抜かれた逆三角形の体系
セリフもあまりないから
芝居が下手なのバレないし


後半のシーンは
映像的にかなり無理が感じられたが
当時はこれでいっぱいいっぱいだったんだろうね


シュワちゃんも州知事になっちゃって
主演できなくなっちゃったけど
作品だけが出世


ここんとこ
追いつ追われつ
そんな映画ばかり観てるな
[PR]



by ohno64 | 2009-06-04 10:47 | 映画のこと

フレブル「ショパン」と「リロ」そしてその一家の日々
by ohno64
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

お気に入りブログ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧