ショパン

推奴~チュノ~

奴婢に転落した朝鮮最高の武将、奴婢を追う狩人の推奴、その2人を愛した女奴婢の壮大な歴史劇。 裕福な両班 <ヤンバン:貴族階級> の家に生まれたテギル(チャン・ヒョク)は召使で奴婢 <ヌヒ:奴隷> のオンニョン(イ・ダヘ)と密かに愛をはぐくんでいた。しかし、奴婢の身分に我慢できなくなったオンニョンの兄、クンノムが火を放ち、オンニョンを連れ逃亡する。

そして8年が経つ中、テギルはオンニョンを捜すうちに奴婢を追う推奴〈チュノ〉になっていた。一方、かつて朝鮮最高の武将と言われたテハ(オ・ジホ)は友人の裏切りにより奴婢に。そして、ある日、丙子胡乱の際に清国に人質として捕えられ苦労を共にした昭顕世子(第1王子)からの手紙が届く。それを見たテハは昭顕世子の息子ソッキョンを朝廷の陰謀から守るために逃亡奴婢となることを決意。テハはテギルに追われることになるが、同じく逃亡中のテギルの初恋の相手オンニョンはヘウォンと名を変え、テハと行動を共にすることになるのだが・・・


BSでまた新たに見始めたドラマ
なんかどっかで見たな~って思ったら
テギル役のチャン・ヒョクさん「いかさま師タチャ」のコニじゃないか
やっぱイケメンはすぐにわかる(喜)
毎月火OAで
今週は第3話4話
時代設定はあの「イルジメ」と同じころ
イルジメでもそうだがこの時代
非常に身分制度っていうか 階級っていうの?
それが厳しい時代
「イルジメ」ではテーマが違うので厳しい階級制度で苦しんでいる民の姿は
それほど極端に描かれていないけれど
「推奴~チュノ~」はこれまたえぐいほどに描かれている
まぁ両班に家畜以下に扱われそこから逃げ出す奴婢(奴隷)たちをとらえる仕事を
ドラマのタイトルの「推奴~チュノ」というらしいからしかたあるまい
ちなみに「推奴~チュノ~」という人たちは史実にはないらしい
しかしその時代民の半分以上が奴婢だったというのだから
そんな仕事をしていた人はいたかもしれないね

それほどに厳しい階級制度のなかで
「イルジメ」の愛しのタン(イルジメの養母)は実の子チャドルを
両班(貴族)の息子として育てる
そうでもしなければ簡単に殺されていたのだろう
「推奴~チュノ~」を見ると実母の気持ちがよくわかる
それに
「イルジメ」では義賊イルジメが民の太陽だ
と民に崇められるわけだけど
それもそんな時代背景があったからなんだろうね~
それにこの時代の王様 仁祖ってのは
ほんとにダメダメな王様だったんだね
イケテナイぶりはどちらも同じだ

まぁそんなわけで
第3話と第4話
話の詳細を書くのは長くてちょっとめんどくさいので割愛
とにかく男くさーいドラマですよ

まっ
またしばらく楽しめそうです
[PR]



by ohno64 | 2011-02-24 12:56 | 韓国ドラマ

フレブル「ショパン」と「リロ」そしてその一家の日々
by ohno64
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

お気に入りブログ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧