ショパン

犬とは離れがたい

いやはやラスベガス旅行から帰ってきました。
飛行時間12時間以上、疲れた~

3泊5日短かったか、適当だったか、とにかく寝ずに遊んでました。
楽しいのとは裏腹に、時々ホームシックに・・・
機内食のビビンバを見ては「ショパン・・・」(我が家は手作りフードのためご飯やらお肉やら野菜やらを混ぜ混ぜするのだが、そのさまがまるでビビンバ)、ホテルで飼われているライオンを見ては「リロ・・・」〈ここのホテルはハビタというライオンがホテルのひろーいロビーのガラス張りの庭で飼われていて、24時間見ることができる。ストレスにならないかちょっと心配だが、このときはそのライオンと人間がジャレテ遊んでいた。フツーに、猫みたいにかわいかった)
まぁ四六時中そんな感じで、留守番で置いてきた娘やダンナのことは一つも思い出すことなくとにかくショパンとリロを思い出しては「うちに帰りたい・・・」と1人たそがれておりました。

そんなこんなでもとりあえずやることはやるって感じで、リベンジをかけていってきましたグランドキャニオン。
飛行機は10年前に比べるとものすごい立派になっていて、まったく酔いませんでした。
飛行場で「現地は霧がかかっていて見えるものが見えないかもしれない、行くか行かないか決めてくれ」と迫られ、私はずいぶん迷ったが(つうかそれならば他にも見たいものや行きたいところがあったからね)「せっかくだから」と結局行くことに
で、現地はというと雪は降ってるは、ガスってるわで「富士山かよ」って感じ。すでに予告されていたことだからね、仕方ないか←すぐあきらめられる

夜の観光ではストラトスフィアタワーというものすごい高いタワーの展望台へ。
ここには絶叫マシーンが3台あるのだが、とにかくすごい。こんなの乗る人は頭がおかしいよ、
私たちなんか乗りもしないのに、見てるだけで絶叫、声がガラガラになった。

寝ずに遊んでいたおかげで時差ぼけに陥ることもなく、帰国後は元気に働いております。
母親が不在でよほど寂しかったのか、泣いて私の帰りを喜んでくれた娘。たまには離れるのもいいかありがたみがわかってって思ったのはほんの一瞬のこと、そんなもんだろう
ショパンもリロもいっぱいいっぱい私の帰りを喜んでくれて、やっぱりかわいいの~~
ダンナはいつも通りです。

なんだかすっかり旅行ついてしまいどこかに行きたくなった。
やっぱワイハーがいいな~
[PR]



by ohno64 | 2007-03-31 11:23 | わたしのこと

フレブル「ショパン」と「リロ」そしてその一家の日々
by ohno64
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

お気に入りブログ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧