ショパン

11月8日の日記

塾がある娘のために速攻で夕食の支度をしなければならず、とるものもとりあえず帰宅。
自宅近くの生協に寄ったら、M吹奏楽団でお世話になっているYさんに遭遇。
練習の時は時間がなくてなかなかおしゃべりしていられず、たまった話で立ち話。
いやーおかしかった、時も忘れ場所も忘れ話しに花を咲かせ大笑いをしてしまった、さぞ迷惑だっただろう(爆)

あわてて帰ると娘からメール「直接行くから」 はーよかった、夕食のしたくはとても間に合わないからね。
そんなわけでまた1人飲んだくれる。

あまりヒマだったので久しぶりにピアノなんぞを弾いてみた。
そうとう久しぶりだったのでぜんぜん指がまわらなかった、でも何とか弾けるもんだ。ちょっと自信を取り戻しつつ今度は「タンバリン」の練習だ。そして「ダメだ~」と自信喪失・・・
なんで頭が真っ白になっちゃうんだろうね~

そーいや今日車で出かけたときラジオを聞いていたら「パワハラ」の話をしていた。
「パワハラ」か、、、私はしてないよねと心配しつつ
してないけどされてるかも・・・・とちょっと気がついたり(職場じゃないから「パワハラ」とは言わないのかな)
そんなフウにしか受け取れない私がいけないのか、けどやっぱり理不尽なことや納得のいかないことも多い、無視されてるし・・・
私は私なりにがんばっているつもりなんだけどな といろいろ考えてた。

私たちが若いころ「セクハラ」なんて言葉はなく、そんな対象にされても泣き寝入りするか適当にあしらう技を身につけるしかなかった。
日本の職場でそんなことが横行しているのをアメリカ人が見てびっくりしたそうだ。「なんで我慢しているのだろう」「なんで拒絶しないんだろう」「なんで訴えないんだ」と・・・
今では「セクハラ」が社会的に認知され、厳しく監視したり教育したりする会社も増えてきた。

「パワハラ」についてはまだ認知度が低く、職場という環境もありなかなか抵抗する術がなく泣き寝入りしている人が多くいるらしい
私は職場じゃないしね、はっきり意思表示をしたほうがいいと思った。
技術もないし、出来ないし、卑屈な気持ちと惨めな気持ちと悲しい気持ちといろいろなことで自分が自分じゃなくなっていくようで、自分自身を否定していくようで本当に悩んでいたから

はー、でもできるかなぁ はー(ため息)
私だって私だって、もっと20年、いやいやそれ以上前でもやれていればって思うんだよ。
みんなくらいできたらって、できるようになれたらっておもうんだじょ
必死なんだよ~ これでもさ~



え?なんだ今日の日記は・・・
[PR]



by ohno64 | 2007-11-09 12:57 | わたしのこと

フレブル「ショパン」と「リロ」そしてその一家の日々
by ohno64
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

お気に入りブログ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧