ショパン

2010年 01月 12日 ( 1 )




ひーばぁ

100歳になる祖母が昨年末緊急入院した
一時は危なかったらしいが
一命を取り留めた
救命救急でも
100歳でカテーテル処置をして命をとりとめたのは
初めてのことだったらしい


お正月はなにかある
これ我が家の定説だ


母方の祖母が亡くなったのもお正月
今から20年近く前で
両親ともハワイに行っていて
留守番をしていた私と弟はそりゃぁもう大変だった

そして
今回も両親がハワイに行っていて不在と
またか・・・・
とちょっと不安がよぎったが
今回は無事に助かったとのことで
大事にはいたらなかった


母親は早く帰ると海の向こうで気が気じゃない様子だが
父親はそんな気はさらさらない様子で
結局スケジュール通り帰ってきた

その間
一命を取り留めたひーばぁは
順調に回復を続けていたが
自分の状態を聞きつけてもなかなか帰ってこない
つか「早く帰ってくることなんかないわよ」と散々言っていたにもかかわらず
両親に業を煮やし
とうとう
「食べたくない」「誰にも会いたくない」
「トイレにも行きたくない」「退院したくない」
点滴なんかはじめたりして
本当の病人みたいになった

実はこれ
祖母のわがまま


帰国してそうそう
それを聞いた母親が心配して駆け付けると
すっかり元気になったそうだ
100歳まで生きてると
わがままのスケールが違う


一時は退院も危ぶまれるほど元気がなくなったひーばぁだったが
本日無事退院することになった


せっかく退院ができるようになったというのに
帰りたくないとまたわがままなひーばぁ
いまどきの病院
セキュリティーは万全だし
きれいだし
部屋も広いし  看護師さんたちは親切だし
みんなは心配してお見舞いに来てくれるし
居心地がいいんだろう


さすがのひーばぁでも
これ以上のわがままは通用しませんな
[PR]



by ohno64 | 2010-01-12 11:24 | 日常のこと

フレブル「ショパン」と「リロ」そしてその一家の日々
by ohno64
プロフィールを見る
画像一覧

お気に入りブログ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧