ショパン

<   2009年 06月 ( 53 )   > この月の画像一覧




考えるリロ

f0080720_19521643.jpg

[PR]



by ohno64 | 2009-06-16 19:52 | 犬のこと

眠いリロ

f0080720_19525623.jpg

[PR]



by ohno64 | 2009-06-16 19:52 | 犬のこと

たからくじ

今日は「Dreeeeeeam ジャンボ」宝くじ当選発表日
あわせて「ミリオンドリーム」(っちゅうのもあるんだね しらんかった)の当選発表日

お昼休みにPCで確認
ドキドキしながら自宅にいる夫へ電話
当選番号を伝える


結果はあっちゅう間にわかり
仕事はやめられず・・・・
山梨移住計画もしばらく先のことに・・・・
Myティンパニーも買えないな・・・・   がっくし
落胆して電話を切った
すると
会社のK嬢と弟Hが
「もしかして あたっててさ
ダンナさんだけとんずらしてるかもよ」
「書置きがあったりして 捜さないでください  って」

そうだ
たからくじを見てるのは夫だけだから(汗)
確かに
一応電話をかけて確認してみよう

「ただいま電話にでられません だったらやばいよね」などと
爆笑しているK嬢に弟H

あっ
出た!
やっぱりあたってなかった(落)
[PR]



by ohno64 | 2009-06-16 16:28 | 日常のこと

王の男

16世紀初頭。固い友情で結ばれた幼なじみの旅芸人、チャンセン(カム・ウソン)と女形のコンギル(イ・ジュンギ)は、国一番の芸人になるという決意を胸に漢陽の都にやって来た。そこで二人は、時の王・ヨンサングン(チョン・ジニョン)が、身分の低い芸者だったノクス(カン・ソンヨン)に入れあげ、宮女にして日夜遊び呆けているという噂を聞きつける。二人は新しい芸人仲間を三人引き入れ、それを皮肉った芝居を演じ、たちまち民衆に大人気を博した。だがその噂を聞きつけた王の重臣チョソン(チャン・ハンソン)が、王を侮辱した罪でチャンセンたちを逮捕。そして芝居で王を笑わせることができなければ死刑を宣告すると言い渡される。


韓国では大ヒットしたという映画
史実とフィクションを合体させた物語

お話に出てくる 王・燕山君(ヨンサングン)は実在の王
相当な暴君だったらしく
話の中でも次々と気に入らない臣下たちを殺していく
しまいにはチャンセンの目を焼いてしまうという暴挙にでる
クーデターにあう(これもほんとの話)ところで話は終わる
チャンセンもコンギルもそんな宮廷内の争いごとに巻き込まれ
最後はクーデターに巻き込まれて死んだんだろうな  たぶん


ヨンサングンは非情な暴君だけど
幼いころに母親を殺されたという傷をもち
人前で笑ったことのない孤独な男
王様とか将軍様とかにありがちな生い立ちだ

そんな王・ヨンサングンの心をいやしたコンギル
男性なんだけどきれいな顔をしている
ちょっと泣いてる顔がワンパターンで
演技力いまいち?って感じだけど
まっきれいだからいいか


韓国映画を見たのは初めて
どうも
韓国の恋愛系はこっぱずかしくて見る気にもなれないが
この手の映画なら
まぁまぁ見られる
[PR]



by ohno64 | 2009-06-16 12:31 | 映画のこと

朝からちょっと悲しいお話

ハワイのお友達が飼っていた
ワンコが虹の橋を渡りました

ロットワーラーという犬種となにかのミックスで
体は大きいし 全身ブラックでちょっと強面
でも女の子でとても気がちっちゃい性格のよい子でした

小さい頃の娘は
見た目が怖くてなかなかそばに寄れなくて
でも少しづつ慣れて
日本に帰るころにはすっかり仲良しに
いろいろ想いでがありすぎて
とてもショックです

元気にしていたのに1ケ月くらいで急に具合が悪くなり
亡くなったそうです

話ができたら
なにかにもっと早く気がついてあげられたら
と友達はとても悲しんでました
「ハナちゃん」の冥福を心からお祈りします


彼女の家には
ゴーディというもう1頭 ハナの先住犬がいます
その子には ハナの分も長生きしてもらいたいです
[PR]



by ohno64 | 2009-06-15 09:55 | 犬のこと

サインオブデス

パリの街中のアパートのドアに、数字の“4”を裏返したマークが描かれているのが発見される。アダムズベルグ警視は、それが中世に大流行したペスト除けの呪文であることを知る。ほどなく、身体中に黒い斑点が浮き出た全裸死体が相次いで発見される。しかし、被害者の死因は毒殺でペスト菌は検出されなかった…。



タイトルとあらすじを読んだ時には
なにか恐ろしい内容と結末があるのかと
期待したが
そうではなかった

父親、息子を殺された
その息子と母親の復讐劇
それに絡んでいく人間模様

いろいろ登場人物がいて
名前と顔が一致しない
外人の顔ってみんな同じにみえちゃうんだよな~

アダムズベルグ警視のカンは鋭く
どんな難事件でも
カンで解決していくという
そのカンの源は彼女
その彼女と折り合いが悪くなり
カンが鈍くなり 未練もありと
彼女に復縁を迫るも逃げられて

この話に必要があるのかわからないが
そういうことらしい

パリ中のドアに
謎のマークが現れ
それと同時に怪文書なども送られて
マントをかぶって
ドブネズミを取りに行くなど
なにかものすごいスリリングな展開を
期待させるんだけど
残念ながら
期待はずれだった

かといって
その息子と祖母の悲しみが描かれているかといえば
そうでもなく
真犯人だった異母兄弟の姉
異母兄弟だったがために虐げられてきたという
復讐するために息子を犯人にでっちあげる
それが動機だったらしいが
その姉の人生が描かれているのかといえば 全然そうじゃないし
謎解きに協力するじいさんがいるんだけど
そのじいさんにもいろいろな過去があるようだが
それがこのお話の中でどういう意味があるのかも不明

最後に
警視が逃げて行った彼女に
メッセージを送るんだけど
「しつこいな」という感想

なんだろう
人にはいろいろな過去や人生があるんだよ~
ってそういうことか??
[PR]



by ohno64 | 2009-06-12 10:53 | 映画のこと

命の洗濯

昨日は会社をお休みして
1日現実逃避

夫と横浜へ
どうしても食べたかった餃子と船に乗りに

超有名店の餃子
ならんで食べるのは当たり前
以前食べに来た時は夕食時で
30分以上待たされた
待つのは嫌いなので
開店と同時に飛び込んだ

それでももう満員
10分ほど待たされて店内へ

もちもちした皮でオリジナルのソースで食す水餃子は
絶品!!
青島ビールと2人前の餃子をたらふく食べ
大満足
てか 餃子頼みすぎてほかのものが食べられず(爆)
もうしばらく餃子はいらないと思っていたが
1日たってまた食べたい


その後次の目的時間まで2時間ほどあるので
元町までお散歩
しばらくぶりの元町はあいかわらず
バブリーな感じ
皮製品で有名な「キタムラ」に立ち寄り
なぜか
店頭に高田純二の写真が立ててある
カバンかなにかのデザインをしたとかしないとか
書いてあったが
そういやー
高田純二って若かりし頃デザイナーとかをやってったけ
でも高田純二を見ただけで
なんだかとても適当な感じの印象があって
商売的に効果があるのかないのか(笑)
「キタムラ」の店内に
フレンチブルドッグの肖像画を見つけしばし店員さんとその絵について
おしゃべり
まったく犬好きっていうのは
犬の話を始めると
話が長いんだよな~(苦笑)
この方もかなりの親ばかでした

ここはわんこにもやさしい商店街で
わんこ専用の給水場もあるよ


そして
今回のメインイベント
大桟橋から船に乗船
1時間半のクルーズ

汗かきかき
大桟橋まで行くと
なんと
私たちの乗船したい時間帯がすべて貸切で一般の人は乗れないという・・・
トホホ
この船そうとうでっかい船なんだけど
そんな船をいまどき借り切るって
どこの団体だよ
そんなこんなで結局目的は果たせず
しばし呆然


それでもすぐに立ち直り
みなとみらい周辺へ
娘のお土産をかったり
アウトドア屋をみたり
それなりに楽しんできました

電車で行く横浜は久しぶり(いつもはわんこと一緒だからね)
歩いてみると
自動車ではわからない発見があったりして
楽しめました
今度はぜひ山の手地区を散策したい


ここのところ
夫も私も忙しく
お出かけしたのは何カ月ぶりだろう
おかげさまで
ずいぶんリフレッシュしました

そうそう
クルージングは来月でもリベンジしたい
[PR]



by ohno64 | 2009-06-11 11:49 | 日常のこと

美容院

定演 本番前
土日と練習があり
そんな月曜日
「仕事するぞーーー」
と気合が入るほど若くない
今日はちまちまとすることにする


あまりの傍若無人ぶりな髪の毛に
頭にきてなかば衝動的に髪を切る
切ったことに後悔はないが
やっぱり「気に入らない」のだ


10年前まで通っていた美容院
美容師さんがとっても上手で
私の髪の癖から頭の形
毛の生え方 向き
すべて熟知していたので
完璧!
シャンプーもとっても上手
ってか
グァシグァシと力強い作業
まるで
触ってるだけみたいなイライラするシャンプーとは大違い
これもまた完璧だったのだ
そんな彼女
結婚して子供ができたと美容師をやめてしまったのだ

今頃は子供ももいい加減でかくなっただろう
あー
なんで連絡先を聞かなかったんだろう・・・
と悔やまれてならない
それこそ自宅までおしかけたのに
悔しい

そんなことで
それ以来
美容院ジプシーな私
いまだ 「これ!」という美容師にお目にかかれていない
今行き始めた美容院
かなりアットホームで
雰囲気とか美容師さんも感じがいいし
話も合うし おもしろいし
この前も「ねこじた」でかなり盛り上がった
でもおしゃべりしにきてるわけじゃないしな~

どうでもいいんだが
めんどくさがりやなだけに
手間暇をかけない完璧なものを求めちゃうんだよね

そんな話を会社のK嬢にしたところ
「去年の今頃はかっこよかったですよ」と
あー
去年通っていた美容院も
爆発パーマをかけられて行かなくなっちゃたんだな
そうか
あそこか
ふーーん

なにくわぬ顔でちょっと復活してみよっか
[PR]



by ohno64 | 2009-06-08 10:59 | わたしのこと

ターミネーター

1984年のLA。閃光とともに、全裸の男が出現した。彼こそ2029年の未来からやってきた殺人機械ターミネーター(アーノルド・シュワルツェネッガー)であった。ちんぴらを襲って服を奪い、銃砲店で銃を調達したターミネーターは、電話帳でサラ・コナーの載ったぺージを引き裂き、サラ・コナーという名の女性を2人射殺。ウェイトレスのサラ・コナー(リンダ・ハミルトン)は恐くなり、テクノワールなるディスコから警察に電話を入れる。一方、家ではルーム・メイトのジンジャー(ベス・マータ)が男友達のマット(リック・ロッソヴィッチ)とセックスをしていた。そこへ、ターミネーターが侵入して2人を射殺。サラからの電話を聞いてターミネーターはテクノワールに行く。サラはあやうく殺されそうになるが、リース(マイケル・ビーン)に救助された。


観たことなかったんだこの映画
これで「ターミネーター2」と話がつながり
3 4 と話が続く


シュワちゃんの出世作となった「ターミネーター」
若い!
鍛え抜かれた逆三角形の体系
セリフもあまりないから
芝居が下手なのバレないし


後半のシーンは
映像的にかなり無理が感じられたが
当時はこれでいっぱいいっぱいだったんだろうね


シュワちゃんも州知事になっちゃって
主演できなくなっちゃったけど
作品だけが出世


ここんとこ
追いつ追われつ
そんな映画ばかり観てるな
[PR]



by ohno64 | 2009-06-04 10:47 | 映画のこと

マンション住まいはめんどうじゃないようで めんどっちぃ

本日3回目のアップ
暇かよ
いえ お仕事中です


一軒家で育った私は
なぜかマンションライフにものすごい憧れをもっていたんだけど
いざ住んでみると
草刈りはしなくていいし
玄関先の掃除はしなくていいし(自分とこのポーチはしますけどね)
ご近所とのあれやこれやも特にしなくていいし
(隣人との多少のお付き合いはありますがね 注:あいさつていど)
電気が切れたの 壁がかけたの 改修しーの
だのは 月々のとられている積立金が使われているので
「なんだか急に修理しないといけなくて お金ないわ~」
なぁんて心配もないし
誰かがやってくれるし
管理人さんがいてくれるから
安心安全だし
まぁまぁ
それなりに
満喫していたわけですけど


今2頭いるワンコを
もすこし増やしたい
と考えたとき・・・・
規約っちゅうのがあり
これでは飼える頭数が「2頭まで」と制限されている
そもそも私たちは
ラブラドールレトリーバーを飼いたかったが
マンション住まいで大型犬が飼えるところはなかなかないし
いっそのこと
「雑種だと思ったのに」
「イヤー 小型犬だって言われて飼ったら こんなに大きくなちゃって」
「ミニブタもいっぱい食べさせるとふつーのブタサンになっちゃうみたいですよ」
とかいって
すっとぼけ作戦に出ようかとも思ったが
あまりにも無理やりすぎるので ラブはあきらめ
ショパンやリロが家族になったわけ
今となってみれば
大型犬飼うのはとてもたいへんだから
これでよかった ってとってもとっても思っているんだけど

もともとオスメスなのは
「できれば子供が欲しい」という希望があったからで
なんとか方法はないか
なんとかすっとぼけられないか
ずいぶん考えたが やはりワンコたちのことを考えても
合法的に飼ったほうがいいに決まってる
そこで
総会時期のこの頃
「なんとかなりませんか?」
と聞いてみたが
あまりいい返事はかえってこなかった
もちろんまだ議題に上がったわけじゃないし
正式に却下されたわけではないが
管理人さんに相談した時点で
「難しいよ」と言われてしまった

私たちがアクションするのが遅かったのもいけないし
ってか
私たちの生活を考えると
やっぱ難しいよな~子供産ませるのは・・・・
要はここが一番肝心なところで
規約にしばられていることが一番の障害ではないんだけどね

そんなわけで
一転 すっかり産めや増やせや計画は断念←このことについてはまた改めてブログをアップすることにして

今回のことで一番感じたのは
「マンションって意外とめんどっち」ってこと
管理組合なる組織をつくり
マンション内でのことはすべてこちらで図られる
私もおととし1年間 組合の理事をやったが
結構
くだらないことや
どーでもいいじゃんってことやら
おいおい それはヤバいでしょってことまで
いろいろ日々マンション内では起きているんだよね
これは公表しようとか
理事どまりでいいでしょとか
知らないでいることもいっぱいある

まぁね そんなコミュニティーの中で暮らし
みんなで財産を共有しているわけだから
その主旨も意義も十分理解しているけど
規約にひっかることがあれば
いちいち組合にお伺いをたてなければならないってのが
わずらわしいなぁと感じる今日この頃

まぁどんな暮らしが自分に向いているのか
いまだよくわからないが
あと10年がんばって
娘を自立させて
はやいとこ
山梨に引っ越したいぞ
でもそれまで
ショパンもリロも生きてないだろうな~
ふーー
やっぱ子供ほしいな~
[PR]



by ohno64 | 2009-06-03 16:30 | 日常のこと

フレブル「ショパン」と「リロ」そしてその一家の日々
by ohno64
プロフィールを見る
画像一覧

お気に入りブログ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧